プラセンタサプリメントの効果と選び方

By: owensoft

プラセンタは、様々な会社が販売していて、あまりにも数が多く、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。プラセンタ サプリメントは肌の保湿や新陳代謝の活性化、美白効果やシワの改善などのアンチエイジング効果、PMSや更年期障害などの女性ホルモンの分泌バランスの変化による心と身体の不調を改善する効果があると言われており、様々な年代の女性に支持されています。

プラセンタのサプリメントを選ぶ際には、原材料を確認するようにしましょう。ヒトの胎盤から作られるプラセンタは医療用のみで利用されているため、サプリメントとして販売されているものは豚や馬、羊などの動物由来のもの、アロエやトウモロコシなどの植物由来のものがあります。植物由来のものは安全性が高いと言われています。しかしプラセンタの特徴である、肌の新陳代謝を促進してくれる成長因子が含まれていません。ほとんどは化粧品へ使用されています。サプリメントとして利用されているものの多くは、動物性の原料が使われているのです。

動物由来のものの中でも一番流通しているのは豚の胎盤を原料としたものです。安価で大量に製造できるのがメリットですが、豚が感染症にかかりやすい動物のため成長過程で薬などを使用されていることがあり、不純物が混ざりやすいと言われています。馬の胎盤が原料のものは馬の出産が1年に1頭のため、豚よりも希少で高額です。しかし、豚プラセンタにはないアミノ酸が含まれていることが特徴で、あまり病気にもなりにくい動物のため、薬などの不純物が混ざりにくいものです。羊プラセンタは国内ではあまりなじみはありませんが、海外では他のものにくらべて肌馴染みが良いという理由によりメジャーなものとなっています。

安全性と共にプラセンタの含有量をチェックします。また、他の成分が入っている場合の配合率も重要です。抽出方法も確認すべき点です。抽出方法によっては成分が壊れてしまうこともあるため、必ずチェックするようにしましょう。

プラセンタ原液の効果について

By: dion gillard

アンチエイジングに効果がある事で人気の成分が、プラセンタです。豚や馬等の胎盤の中から抽出した成長因子の事で、肌に対して使用すると、細胞分裂を促進する力により、肌の新陳代謝を活発にしてくれるという働きがあります。肌の新陳代謝が活発になれば、肌はそれだけ若々しい状態になるだけでなく、小さな肌トラブルが起きても新陳代謝の力によって改善していく事になります。

そんなプラセンタの中でも、特に高い効果が期待できると注目を集めているのがプラセンタ原液です。プラセンタは化粧水等にも使われていますが、一般的な化粧品に使われている場合、プラセンタ以外の成分も配合されている事になります。更に、プラセンタの割合は化粧品によって異なる状態となります。プラセンタがほんの少量しか含まれていない化粧品の場合、使い続けても、効果を実感しにくい状態になってしまいます。

更に、プラセンタ以外の成分が、肌に悪い影響を与えてしまう可能性も存在します。肌に良いプラセンタを使っているつもりでも、化粧品に使われている添加物等が肌に合わなければ、本当に良い効果を期待できない状態となります。それに対して、プラセンタ原液は、不要なものが含まれていない事が特徴です。ですから、しっかりとした効果を期待する事が出来ます。

ただ、注意をしておかなければいけないのが、プラセンタ原液の場合、プラセンタ以外の効果は期待できないという事です。化粧品の場合、保湿を高める等、プラセンタ以外の成分による肌に良い効果も期待する事が出来るようになっている事があります。それに対して、原液の場合、他の効果は、化粧水等で補っておく必要があります。

ただ、加齢による肌の衰えが気になる部分等に、このプラセンタ原液をつけるようにしておくと、その悩みを早く綺麗に解決できる効果を期待する事が出来ます。年齢肌の悩みをしっかりと解消したいと考えるのであれば、プラセンタ原液を考えてみる事がお勧めです。

プラセンタとは何かについて

By: Tanti Ruwani

日本語で言うところの胎盤が、プラセンタのことです。1個のほんの小さい受精卵を10ヶ月という短い時間の中で、ひとりの人間に育ててしまうという凄い働きをします。胎児に必要な栄養成分や酸素を与えるのはもちろんのこと、ほかにも優れた働きを行います。お腹の中の胎児は、器官なんかもまだまだしっかりと確率はしていない状態です。そんな状態を代わりに、いろんな役割をしてくれます。肺の役割とか、肝臓や腎臓の役目など変わって行ってくれます。おなかの中で胎児が成長をするために、必要とされる事柄を、パーフェクトにやっているのがプラセンタです。有害物を解毒したり、呼吸をしたり、ホルモン分泌とかタンパク質合成なども、本当に全部を代わりに行うパーフェクトな臓器でもあります。

プラセンタというのは、人が生存するために必要とされる成分が含まれています。糖質に脂質、そしてタンパク質は人間に欠かせない栄養素ですが、これだけではなく、ビタミンやミネラル、核酸や酵素などの栄養素もふんだんに含まれています。具体的に胎盤に含まれている主な栄養素としては、アミノ酸やタンパク質、糖質にビタミン類、それに核酸や活性ペプチドも含まれます。ほかにも脂質や脂肪酸、それからムコ多糖体なども含まれています。

歴史の中でも野生動物こそが、この素晴らしいプラセンタの働きを知っていたと言われます。その証拠に出産をした動物は、自らの胎盤を食します。これは肉食動物のみがすることではなく、草食動物も同様に行います。外部の敵より守るためとも言われてはいますが、本能的に動物はわかっていての行動です。胎盤は栄養素が非常に豊富であるために、出産をして体力を消耗している状態を、早く回復させるためにも行う行動です。

古代中国においては、プラセンタエキスは紫河車と言われていました。強精や強壮にも効果があると信じられ、漢方薬としても親しまれてきたものです。さらには不老長寿のための薬としても認識されてきたものです。西洋においても、歴史に名を残す絶世の美女たちも使用していたと言われます。

美肌でいることで誰にでも好感を与えます。

By: James Loesch

美肌は誰にでも好印象を与えます。男性だって肌は綺麗な方が好感ですよ。最近では男性も美意識の高い方が増えてきてエステに行ったり、化粧品使ったり、お化粧する人だっています。それを「キモチ悪」って思う人も少なくなってきています。

男の人が、彼女にする人は「清潔感がある人がいい」「肌が綺麗な人がいい」と言うのと同じで、女子だって同じことを思っているんです。今スキンケアは万人に必要な一般的な生活習慣の一つです。洗顔、保湿を基本にエステに行ったり美容外科に行ったりも時には必要です。

洗顔時は毛穴を引き締めるために冷たい水を使う。高い化粧水を使えば良いという訳でもなく、安い化粧水をバシャバシャたっぷり塗りこむのが良いという説もあります。乳液は脂性の人は使わなくても良いかもしれません。化粧水の成分が逃げないようにする為で、ギトギトしすぎるとニキビの原因になります。美容液はお値段高めの物はそれなりに効果を発揮してくれると感じます。夜、寝る前に塗ると良いです。寝ている間のターンオーバーとの相乗でいい感じになります。

化粧は紫外線予防をすることが重要です。下地に日焼け止めを塗って、べた付かないようにパウダーを叩く。帰ってからのクレンジングも重要でです、化粧を落とさないで寝るなんて恐怖です。どんなに眠くても化粧だけは落として寝ましょう。身体の中から美肌を意識する事も大事で、ビタミンを多く摂る事が大事です。食物繊維も便秘解消にいいです。

もうすぐ夏がやってくる!紫外線対策と共にやっておきたい美肌習慣

By: A Guy Taking Pictures

寒い時期が終わり、やっと乾燥地獄から抜け出したのに今度は肌荒れがひどい…という方はいらっしゃいませんか?その原因の一つに、クレンジング不足があります。夏が近づくにつれ、いつものメイクに紫外線や汗を気にして日焼け止めやウォータープルーフのマスカラ、テカり防止のパウダーなどがプラスされていくと思います。それが落としきれていないと肌荒れの原因になりますので、とにかくクレンジングは丁寧に行いましょう(ぬるま湯がいいそうです)。

かといって、洗顔のしすぎも必要な油分まで落としてしまうので良くないのです。洗顔後は化粧水と乳液で、しっかり保湿してくださいね。一週間に一度くらいはパックで集中ケアをすると、尚良いそうです。あと、よく言われているのがビタミンを多く摂ることですが、これは朝食時が好ましいとのことです。ビタミンは摂った後に適度な運動することで体内に吸収される為、夜に摂っても殆ど意味がないんだとか。

そして女性ホルモンを活性化してくれるイソフラボンは、豆乳など大豆製品に多く含まれますのでできれば毎日食べるようにしましょう。そして美肌になる為に必要不可欠なのは、なんといっても睡眠!!ストレスがお肌に良くないと言われているのは、不眠の原因になるからなんだとか。寝ている間にお肌の老化した細胞は再生されていきます。ストレスの他にも美肌の大敵は沢山あります。夜更かしや偏ったダイエット、お酒に煙草など。高い化粧品を使ったりエステに行くのもいいですが、まずは身近な生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

美肌を保つために、私がいましていること。三十路は乾燥しはじめる!

By: ksilvennoinen

私も、あれよあれよという間にもう32歳。今年の冬の乾燥具合にはおどろかされました。脛も、足の裏も。お顔もパリッパリ。歳なのか、乾燥なのか。20台前半のあのモチモチ具合が嘘のようです。あの頃は全然、化粧水を顔に塗るだけやったのに。さて、ここからが本題で。三十路に入った今、ケアは何をしているかというと。乾燥肌の私は、一もニも三も。全て保湿です。まず、顔と局部以外の肌に、安くていいので、化粧水を満遍なく塗ります。高いのは無理ですが、なんせ安くてボトルも大きいので、はりきってぬりたくります。一回とは言わず、二往復します。

そのあと、やっと、乳液。これは、なんとなくなのですが、ここは意外にこだわっており、肌に優しく、顔の化粧水なんかは、この敏感肌の私も大丈夫なブランド。資生堂のdプログラムを使ってます。ここのブランドの乳液は、はっきり言ってすごいです。化粧水なんか塗らなくても、しっかり保湿してくれるんじゃないか。と、このスーパー乾燥、敏感肌な私が思います。スーパーオススメです。体のほうの乾燥地獄は、今のところ、こんな感じで結構防げています。

問題は、顔です。今年の冬は乾燥しすぎて、目の玉まで乾いてくちびるはガサガサ。コレも歳でしょうか。先ほども述べましたが、顔の化粧水も乳液も、美容液もすべてdプログラムです。時々目元口元乳液を使います。あと、部屋の保湿もぬかりなく。

加湿器も買いました。空気の管理も大切なことを実感しました。顔の場合は、デリケートなので、塗り方も大変きをつけています。今のところ、これで乗り切っています。これから、乾燥はもっと酷くなると思うとゾッとしますが、頑張りたいとおもいます。